いぬさん

ウルティマオンラインの北斗シャードをメインに遊ぶ、Miyu・Shaelの思い出と最近の出来事。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いぬさん。と言っても、動物の犬の事ではなく。
最近情報系サイトで見る、ブリやルナ銀周辺に出没するという、NPC。
人間です。


一体、人に「いぬ」なんて名前をつけるとは、どういうことだい……。

これはぜひ見てみたい


とりあえず、出没するとされている、ブリ1銀周辺捜索……いない。
今日はルナの日なのかなー? とか思いつつ、城壁内をうろうろするも、やっぱりいない。

うむむ?
これってテストシャードとか何かの話で、一般シャード関係無し?
と軽く諦めつつ、いったん落ちてHPやブログを見て回っていると……。
奇遇にも、飛鳥の焼きそばやさん、バムさんのブログでちょうど書かれている。

おお、飛鳥にいるなら、北斗にもいるだろー。
てことで、再捜索。
まずはブリ。捜索範囲を広げつつ、ついにはブリ北鍛冶屋まで。
……いーなーいー。

動物行列

いぬさんはいないけど、こんな光景に出会ったよ。
まるで、町中の動物みんな寄せ集めたかのような数……。

と、とりあえず、銀行周辺とかはおいといて、街中探す覚悟で橋を渡る。

いぬさん

するとなんと、橋を渡ってすぐの所ではっけーん。
銀行周辺とか言いながら、1銀と2銀のまん中じゃん……。


ま、とりあえず見つかったので良し。
先ほどのブログで見たいたずら、私もやってみたい。
位置を確認して、即リコール……。

バシネッツ

ぐふふ。
買ってきましたバシネット。
(バックパックの中が散らかってるとか、そんなのはスルーの方向で)
早速強制装備させる……。

バシネットいぬ

NPCとは言え、勝手にコンナノ(バシ)装備させちゃう背徳感……。

楽しい(^^;

例のとこみたいに包丁持ち出されたりしなかったのはちと残念?だったのですが……。
つおさんが酸ボスやろうと声かけしてたので、とりあえず帰宅。


その後、急にぽにさんのガゴピックのお話に変わり、使ってなかった
倉庫のガゴピックを提供。

つるはしぽにさん

人では持てない重さだったので、ゴキで受け渡しの図。
これ使ってのお話、ぽにさんのブログで見たいなぁ(わくわく)。


そして、いつものボスに続くのです。


まずは予定通りの酸ボス。

昨日も書いたとおりの回線状況のため、逃げ足に自信がなく、普段なら貞子だけど
今回はみゆでサポートメイン。
攻撃しない限り、滅多に死なないからね(^^;


サポートのメイジはかなみちゃんがいるので、本来ならちと多いんだけどね……。

酸ボス

貞子で参戦すればもっと早いんだろうけど、まあしょうがない。
とりあえず、できる事がんばりました(^^;


終わったのが結構早い時間帯だったので、勢いでそのままドレッドへ。
鍵もスムーズに集まり、混んでもいなかったので楽々ボス戦。

ドレッド

この前と違って近接戦士がいるわけでもないので、EFクロスは必須ではなかったのですが。

ドレッドの動きが鈍くなった頃、隙を見てEF!
メイジ2人がほぼ同時にEFを張るので、クロスされるまでの足止めの負担も、
多少少なく済んだかな?

クロスするまでの足止めでの踏ん張りとか、EFの張り方とか、
ちょっとした事だけども、その連帯感のようなものが心地よい(^-^)
包帯戦士の巻き合いが楽しいように、メイジの魔法の連携や分業も、
似たような楽しさありますね。


1戦目終わって帰り際、海草が落ちてたので、さらにドレッド再戦。


早々にちんだ

……。
攻撃しないなら、たまにタゲもらう程度なのに……。
しかもメイジ二人して(^^;

多少のアクシデントはあったものの(私のEFがとんでもない所に張られたり……)、
無事終了。
たまにはこれくらいのアクシデントがあっても、イイデスヨネ。



おまけ。

狩りの後、たまに見られるはだし姿。
騎乗生物の中でも小さいはずのらまが、いくぶん大きく見えるような。
そんな気がするのは私だけでしょうか……。

はだし

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://miyushaeldiary.blog57.fc2.com/tb.php/48-8ff487d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。