チロル@死神の名付け親

ウルティマオンラインの北斗シャードをメインに遊ぶ、Miyu・Shaelの思い出と最近の出来事。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々にチロルの演劇見てきましたー。

赤ずきん、桃太郎に続いての3回目かな。
年に1回くらいのペース? 多分それくらいの頻度なので、見逃せません。


チロルの公演は大人気なので、開場の40分前くらいには行っておきました。

行列

もう行列が出来はじめてます。さすが。。。
今回のチケットもマントでした。購入確認が簡単で良いですね。

ちなみにギロチン下の死体は、おんじさんのものです。
死に芸人だなぁ。

並び始めてちょっとすると、ありかぽんケイさんと続けて到着。
特にやる事もないので、あちこちWクリして見ていると……

チケットベンダ

チケットベンダーこわッ! 変態チック!

変態さんを横目に、いよいよ開場。
観客席へ向かう途中で…

死神

死神のスタックオブジェ発見!
よくできてるなー。

場内

中のベンダでパンフを買って、前から2列目ど真ん中に陣取ります。
これから始まるという、わくわくした雰囲気が好きです。

ちなみにこのチロルの劇場の辺りだけ、ずっと夜になっています。
この明るさは、いつもプレイしている設定の夜。

真っ暗

そしてオプションで闇夜にチェックを入れたのがこれ。
明かりのないところは、ほんと真っ暗です(>_<)
ケイさんがこの設定にした方が良いのかな、という話をしていたのを聞いて
試してみたんですが、普段はちと不便だけど、この劇には良さそう。

つおさんは時間ぎりぎりに到着。
お客さんは170から180人くらい入ったそうです。すご。。。

神

マジックショーの後、いよいよ劇のはじまりはじまり。
SSの杖を構えてる人は神です。
ナニカのまんがに出ていた気がするのは、気のせいでしょうか。

死神

この死神の名付け親、どこかで見た事のある話だなーと思ったら、
グリム童話のモノらしいですね。

毎日が?

毎日がエブリディ!
私これ好きです……。

ラスト……

うーん、闇夜とカラーライティングの効果で、ぞくっとするほど良い雰囲気……。
観客席の人がランタンをしまっていてくれたら、真っ暗な中に浮かび上がる
もっと良い感じだったのかな。

今回登場した中では、死神が好きだったな。
主人公がごまかしてる時の、じーーっと見つめる沈黙の怖さと、頼み込まれた時に
自分を犠牲にしても助けちゃう優しさと(死神なのに)。

反対に主人公は、会場のみんなからすごいブーイングでした(^^;



大歓声の中劇が終わり、私は……。

きのこ椅子

会場を1番で飛び出て、きのこ椅子へ!!

ここへ来てすぐ並んじゃって抜けられなかったけど、やっぱり座りたかったのです(>_<)

死神ゲート

さっきの死神さんが、帰りのゲートを出してくれてます。
よーく見ると、並んでいる隣の死神は……ハムさんでした!

帰り際、ハムさんがアンブラに作ったという劇場を見て行くつもりだったので、
その話をしてみたら、案内してくれました。
どうやらアクセス制限で入れないようになってたみたいです(^^;
話して良かった……。

ハムさん劇場

許可を取ってないので、これだけ。。。
ありかぽんとつおさんも一緒に案内してもらいました。

街でやる大道芸もすごいけど、会場からすべて考えて作られる芸……
とても楽しみです!





スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://miyushaeldiary.blog57.fc2.com/tb.php/224-39c6e5b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
死神の名付け親死神の名付け親(しにがみのなづけおや ''Der Gevatter Tod'')は、『グリム童話』(Kinder- und Hausm&#xE4;rchen)に収録されている作品(KHM 44)。三遊亭圓朝の落語「死神 (落語)|死神」の原典の一つと考えられている。.wikilis{f
2007/10/04(木) 17:12:44 | 童話について
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。